幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚 (2006/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


グーグルは、強力な広告ビジネスを背景に、古い世界の秩序を壊し、伝統的な企業のビジネスを破壊しょうとしている。

グーグルは、ロングテールによって、中小企業を再生させ、新たな市場を創出しょうとしている。

グーグル、人々の情報発信を手助けし、企業や政府などの強大な権力と同じ土俵に上がらせようとしている。

しかしその一方で、グーグルはそれら新しい秩序の中で、全てをつかさどる強大な「司祭」になろうとしている。それは新たな権力の登場であり、グーグルに全ての人々はひれ伏さなければならなくなるかもしれない。

筆者はこのようにグーグルの今後に期待すると同時に我々に警告もしている。

今後ネットの世界は人の手を離れ一人歩きするかもしれません。
ネットの世界は何処へ行くのか。その先頭を走るのはグーグルか?
そのヒントが隠された興味深い本です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/9-1644f47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。