幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JASK アフィリエイト広告の不正行為 情報共有で再発防止
「フジサンケイ ビジネスアイ」. 2007/6/14
 
[アクセス増加の貢献度に応じてリンク元サイトへ報酬が支払われる「アフィリエイト(成果報酬型)」サービスを利用した広告事業者の団体、日本アフィリエイト・サービス協会(JASK、東京都港区、会長・ティム・ウィリアムズ・バリューコマース取締役)は、不正行為を働いたアフィリエイト・パートナーの情報共有化を10月1日から実施し、不正行為の再発防止対策に利用する。]

不正行為の再発防止。

これはこの業界の健全な発展のために大変結構なことです。

アフィリエイトは一般ユーザーが企業のマーケティングに参加する優れたシステムです。

人気商品を企業と共に開発する側面があります。

企業はアフィリエイト・パートナーを意識せずにはおれません。

健全な発展を望みたいものです。

私が興味を持ったのは関連の次の文章です。

「2006年に7社と契約する広告主が支払ったアフィリエイト関連の総費用は301億6900万円、06年末のアフィリエイト・パートナー数は延べ142万5000サイトにのぼるという。」

上記から解ることは一サイトあたりでは手数料を引きますと概算ですが年間15000円の支払いになります。

休眠サイトも考えに入れますとこの数字は決して低い数字ではなく、アフィリエイトが実績として定着していることを物語ります。

また総費用を見ますと仮に紹介報酬が平均3%としますと、アフィリエイト関連の総費用は301億6900万円ですから逆算しますと、その総取扱高は1兆円を越すことになります。

この点からも今やアフィリエイトの力を企業は無視できないことを物語ります。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/74-5bad95cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。