幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和史の大河を往く「靖国」という悩み 昭和史の大河を往く「靖国」という悩み
保阪 正康 (2007/02)
毎日新聞社
この商品の詳細を見る


私自身個人的に靖国神社をどう受け止めるか。あの大戦をどう受け止めるのか。

心の問題と共に憲法改正、外交論議も踏まえいよいよ避けて通れない問題です。

そもそもあの太平洋戦争をどのように解釈するのかそれさえもわからない。

戦後復興から経済成長への過程で日本はあまりこの問題に触れてこなかったのではないか。

私の家から二人の叔父が戦死しています。子供心に祖母の嘆きを見ています。

この問題に関しては軽々に判断できない。

これからこの問題に関する本を何冊も読み考証していきたいと考えています。

この本では著者保阪 正康氏は「大東亜戦争」を「自衛の戦争」と主張する靖国神社という存在に否定的です。

総理大臣の靖国神社参拝にも批判的な立場です。

昭和史の流れの中から靖国神社を読み解いています。

この本から靖国神社にはあの大戦を正当化する主義主張があることが見えてきます。

神社であるなら政教分離は当然であり、戦死者の慰霊に専心すべきではないでしょうか。

私個人的には靖国神社は明治維新においての官軍の戦死者のみを祭ることに対しても不満です。この国のため、天皇のために働きながら賊軍とされた方も居ます。

私の家では護国神社の慰霊祭にはお参りしていましたが、叔父の仏をお祭りするのは当然菩提寺中心に行っていました。

私は研究を続けたいと思っています。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/64-8962d0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。