幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代人のための脳鍛錬 現代人のための脳鍛錬
川島 隆太 (2007/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

著者川島隆太氏は「脳を鍛える大人のドリル/DSトレーニング」を生んだ「脳」ブームの火付け役です。

脅威の脳宇宙を期待した私には物足りない本でした。

長期に渡る脳の研究の結果、脳の鍛錬、脳の老化防止は「読み・書き・計算」でした。

納得のいく常識的な答えです。

毎日の新聞の見出し前文をひらがなで書き写し、再度それに漢字を入れて書き直す。それを日課とする。

脳の老化防止と鍛錬のヒントがたくさん出てきます。

小学5年生の時から人は第二の脳発達期を迎える。小5・小6は中等教育に編入しょう。

脳活性化のため高齢者と子ども双方一緒に過ごす場所を作る運動を自治体に働きかける。

脳研究の結果としての著者の新しい提案は説得力があります。


ふるさとコール ロゴ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/48-9a87dd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。