幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(3)
読後続けて考えたことです。

多くのワーキングプアは不景気のときに新卒になってしまった謂わば運の悪い人たちです。

決して本人の落ち度ではない。もし仮に自己責任であったとしても、この社会何度でもチャレンジ出来るチャンスが無くてはならない。

日本はこれから少子高齢化が加速します。

近いうちに若い働く人が極端に少なく労働売り手市場になり、フリーターの働く環境も良くなると思う。

そうなると若い人に手のひらを反したようにチヤホヤする企業が出てくることでしょう。

しかしそのとき景気不景気で労働者の取り扱いをがらりと変える企業はマークするべきです。

また不景気になれば絞るだけ絞り使い捨てです。

不景気においても従業員を大事に育てる待遇の良い企業を今のうちにマークすることです。

いま今後の労働不足を見越して外国人労働者を受け入れる体制を整える動きがあります。

外国人労働者も法で守る体制を整える必要があります。

いずれこの国は年寄りばかりになり、多くの外国人労働者を受け入れざるを得ないときがきます。

しかし今のままではフリーターはその時また非常に不利な立場に立たされる可能性があります。

法の整備、運用の強化、セーフティネットの拡充が急がれます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/43-53a917de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。