幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よりぬきマンガ&エッセイ  ショージ君の「サラ専」新聞 よりぬきマンガ&エッセイ ショージ君の「サラ専」新聞
東海林 さだお (2007/02/28)
講談社
この商品の詳細を見る


ときには立ち止まってまわりに目を向けてみよう。サラリーマンの心の内側を描いたマンガと、味わい深いショージ節で綴ったコラムで構成されている。

とにかく面白い。

誰でも知っている身の回りのことを、面白く、漫画風に、大げさに楽しく分析していて、思わずページが進む。

いつか、いつもの自分がマンガの主人公になっている。客観的に自分を見ておかしさの中にも反省したりする。

中でも第4面 シャカイ

スーパーで見た全開の老人で始まる。老人は痴呆老人。前を全開にしてうつろに歩いている。そのうちもっとひどくなる。・・・・

ああなる前に自分の尊厳を守りたい。自殺するしかない。
自殺は暗いから自決と呼ぶ。

ボケるまえに明るい前向きな自決をしたい。その方法が面白い。まずアウトドアー用品をそろえる結果となる。・・・・・


話は選挙、スローフード、6カ国語会話愛情編、松井観戦ツアー、キュージン広告、ストリップ観劇、やりたくないこと、手づかみで食べる、ディナーショーと続く。

マンガタッチで自分のことが書かれていると錯覚するに違いない。

なんでもないところに、人生楽しくなるヒントがたくさん有ると、発見するに違いない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/31-f88079c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。