幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ
丸田 一 (2007/01/19)
講談社
この商品の詳細を見る


ネットとメディアで地域の力を取り戻せ! Web2.0地域を大きく変えつつある。情報化が進む各地の先進事例をあげながら、「まちづくり」に代わる地域活性化の道を探る。

戦後都市化の進展と、産業社会化により、もはや従来の地域社会は崩壊しています。

ところが最近の治安の悪化は子供達を地域で守る必要を、地域に要請しなければならなくなった。

他方、団塊が大量退職するときを向かえ、元気なシニアが地域を拠点に動こうとしている。

地域再生を考えるなら、今が絶好のチャンスとしています。

大局を見通せない現在、地域を掴んでないお上の計画は失敗に終わる。

それよりも今地域発、個別の設計の実践が成果を現してきている。

具体例を三鷹、富山、佐賀の実例を紹介しています。

ネットによる地域情報化は、市民塾が核になることで、地域の学習機関や、企業、市民団体を巻き込んだ、地域プラットホームを容易に構築している。そしてそれは地域の課題に対処し、自ら再生し、新たな地域社会を形成していく核となる。

佐渡、お笑い島計画 お笑い芸人を使い、ネットを中心にした情報発信で、島全体を元気にしている例。

ネットによる地域オリジナル放送。しかも地域住民ディレクターによる自主制作、自主放送をしている例を紹介。

地域SNSでは地域イメージの共有が始まっている例。

情報化される地域の3つの方向性。
l 自立性を強める地域。
l 安定した活動を支える場としての地域
l 郷土としての地域

実態と空間の地域のなかで人は生活し子供は育つ。

主体は自らのメディアを持ち、主体による主体のための情報コントロールを行うことでようやく主体を維持することが出来る。

著者は地域にそれを期待している。

Webにより地域がよみがえり、元気になる本です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/25-8324685b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。