幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性起業家、厳しい現実=廃業率、男性の2倍-厚労省調査
4月20日19時1分配信 時事通信

[厚生労働省が20日まとめた「働く女性の実情2006年版」によると、女性は起業に向けてのフットワークが軽い半面、廃業する割合も男性の2倍高いことが分かった。知識や経験の不足などに悩む声も多く、事前の準備が鍵となりそうだ。]

おそらく女性は起業時、男性ほどには初期投資に金を掛けていないと思う。
それだけ気軽に起業し、それほど傷を受けずにやめられているケースが多いのではないか。

懲りずに又再チャレンジして欲しいものです。

社会活性化のためにも新陳代謝は必要であり、選手交代は必要であり、次々挑戦する起業家が出てくる社会は望ましい。

それは今、時代は変わり、新しい起業成功のチャンスがたくさんあるからです。
社会も何かわからないが、新しい形のビジネスを望んでいます。

社会の事業には女性でないと気がつかない分野がたくさんあります。

最近は女性社長の多くの進出が証明しています。


しかしここで何故廃業に至ったかの検証が必要です。

社会活性化のためにも起業の成功率は上げなくてはならない。

廃業に至った場合でも再起可能余力を残す、ダメージの少ないものでなくてはならない。

関係者は反省を再起に活かせるものにしなくてはならないでしょう。

起業家本人の問題として、充分な研究、準備、検証、見通し、仮説を行い、事業計画は甘くはなかったか。

どのような事業も軌道に乗るには、当初の計画より時間の掛かるものです。充分な余裕資金があったか。

家族の充分な応援体制はあったか。家事経営に無理はなかったか。

女性起業家に対する国、公の育児、情報交換の場、経営相談等、制度的な支援体制の必要性はないかどうか。

さまざまな検証が必要です。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/22-987562b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「女性起業家の廃業率は男性の2倍(働く女性の実情2006版)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 ...
2007/04/21(土) 22:07:12 | ブログで情報収集!Blog-Headline
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。