幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
(2007/09/14)
吉本 佳生

商品詳細を見る


500ccの同じペットボトルがコンビニ・スーパー・自販機、買う場所によって価格が違います。

そこにはちゃんと経済合理性がありました。

売る側、買う側のコストの違いから、解り易い説明で納得します。

世の中、市場経済によって、うまく回っています。

これを読むと解る興味深いこと。
l 携帯電話と料金のカラクリ。
l スターバックスの原価。価格設定法。
l 100円ショップの安さの秘密。
そして裁定取引とは。・・・・

「値段」から社会と経済のしくみが見えてきます。


しかしそれにしても政治、行政の世界では往々にして馬鹿なことをやります。

たとえば少子化対策としての子供医療の無料化。

一見、子育て支援として、思いやりのある政策のようですので、選挙受けし、選挙公約とされ、実際、各地の自治体で導入されます。結果どうなるか・・・・・・

今まで街の薬局で済ませた怪我、軽い病気も、無料ですから当然病院へ行きます。

そうしますと小児科へ行ってみれば、以前より患者が急増して待ち時間が大変です。

付き添いで来た、お母さんは長時間またされ、仕事にいけません。

だけど働く必要の無い、裕福なお母さんやおばあさんは「無料ですか」と、ゆっくり順番を待っています。

しかし病院で長時間いることは風邪を他の子にうつしたり、うつされたりするリスクが高まります。

お医者さんはてんてこ舞いで、どの子にも適切な充分な治療が出来ません。

救急も以前より増え、医療現場は疲れ果て崩壊の危機です。

多くの地方行政は赤字ですから無料化の負担は、いずれ住民にどこかでしわ寄せが来ます。

いったい誰が喜ぶのでしょうか。

それは私が前から言っている救急車の場合もそうです。

最近良く救急車による病院のたらい回しが問題になっています。

軽症の救急車要請が増えているから、病院は手がいっぱいなのです。

深夜は昼間より待ち時間が要らないからと、深夜に救急を呼ぶ人がいるようです。

有料にすれば、本当に必要な人が利用するでしょう。

著者はどのような場合もコスト意識が必要だと説いています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/152-5af59bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。