幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
(2007/11/09)
春山 昇華

商品詳細を見る

これほど日本の株がアメリカの影響を受けるとは情けない。

サブプライム問題で世界の経済はおかしくなってきました。

アメリカ経済はいかに住宅融資にでたらめをやってきたか、

そして格付け機関のでたらめと無責任、それを基にした証券化と複雑な金融、

この本を読むとその問題の深刻さがよく解ります。

しばらく問題は引きずるようです。

アメリカ経済の繁栄は住宅バブルに支えられていた。

今回アメリカは経済危機を切り抜けられるか?

いずれにせよ、アメリカの世界経済支配の終わりが近いと言うことです。

次の世界経済の牽引役は欧州か中国か?

いずれドルは暴落すると言うことです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/142-cb9305ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。