幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗学のすすめ 失敗学のすすめ
畑村 洋太郎 (2000/11)
講談社
この商品の詳細を見る


日本には失敗を忌み嫌う文化があります。

しかしこれでは企業の失敗、大事故は繰り返されるばかりです。

創造の時代に必要なのは、成功に学ぶことではなく、失敗に学ぶこと。

失敗の種類・法則から大失敗の避け方、失敗の活かし方まで、「失敗に学ぶ」エッセンスを満載。失敗の現象学から失敗の本質学へ。

失敗とどのように付き合うかによって、個人の成長、組織の発展が大きく違ってくる。

起きてしまった失敗に積極的に取り組んでうまく活かせば、その後の創造の大きなヒントになるし、また次に来る大きな失敗を未然に防ぐことが出来る。

反対に失敗を隠していれば、大きな失敗は繰り返される。

失敗を忌み嫌う文化を有する今の日本で失敗を活用するには、新たなシステム必要。

失敗の定義、種類から、正しい失敗の伝え方、生かし方、大失敗の防ぎ方まで。失敗学を学ぶ。

良い失敗とは失敗から学び、進歩を生み出す失敗。

悪い失敗とは何も学ぶことができず、繰り返される失敗。

失敗こそ成功の母なのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/116-2b0b2d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。