幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
レス・ギブリン (2007/03/02)
ダイヤモンド社
この商品の詳細を見る


ここに書かれた習慣を実行すれば、人から好かれ、応援されるようになり、チャンスがどんどん集まってくる…。伝説的全米トップセールスが書いた本らしいです。

全米トップセールスマンになるには、・・・・・・・

自分の意見を押し殺し、何でも相手に「はいはい」と同意すること。自分の個性はこの際殺すらしいです。
私なら自分の意見を、誠意を持って話します。

相手に「これは出来るか」と聞かれたらなんでもいいから「はい、出来ます。それは得意です。」と答えるらしいです。不得意で自信が無くてもです。
後で困ることにならないのですかね。第一相手に対して不誠実ですね。

自分の意見は自分の言葉ではなく第三者に語らせる。つまり嘘をつくことらしいです。
これも誠意が無いですね。

質問は相手が「イエス」としか答えられないように質問するらしいです。・・・・・
私がまだ納得していないのに話を強引に先に進める。私の一番嫌いなタイプです。

この本は、後はどうでも良い、今は適当に相手に好感を与え、その場限りの自分に都合のいいようにするための本です。

これでは信頼感に基づく長い付き合いは出来ないでしょう。

アメリカ流トップセールスには有効かも知れませんが、日本での長いお付き合いに通用するとは思いません。私の流儀は誠意と誠実です。

本のタイトルは「チャンスがやってくる15の習慣」ですが、「第一印象を良くする騙しのテクニック」と改名する方が良いと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/109-26b3114b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。