幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間科学セミナー―キーワードで心理学の学問的センスを磨く 人間科学セミナー―キーワードで心理学の学問的センスを磨く
(2007/05)
ナカニシヤ出版
この商品の詳細を見る


愛国心、女子アナ、女性限定、サポーター、韓流ブーム、おひとりさま、カリスマ、ロハス、格差社会、小泉劇場…などの「おもしろそう」なキーワードを切り口に、先行研究の数々を提示しながら、学問の楽しさを紹介。

心理学の学問センスを磨ける一冊です。

時流のキーワードを切り口として、現代人の心理を読み解く着想は面白く、興味を抱きましたがキーワードが多く、通り一遍で深く追求されていないのが残念です。

一つのキーワードを中心に深く核心に迫って欲しかったです。
そうすれば心理学の研究がより面白くなるのですが。

ですが、なるほどと思う箇所が随所に出てきます。

監視カメラと防犯カメラ。監視と防犯では受け取り方が違う。その運用には明確な区別することを指摘。

キーワード「格差社会」では上流社会の女性達がむしろ格差社会の形成に積極的に関与している様子を指摘。

そういえば有名私立大学付属小学校の開校ラッシュですが、「格差社会」の見地からもこれでいいのかなと思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinnto.blog79.fc2.com/tb.php/105-2a04e865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。