幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


齋藤伸也 小暮正人 'ビジネスブログのつくりかた 
  
集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
知識ゼロからのブログ構築術を紹介。ビジネスブログを運営している人にとってはアイデアのタネとして、これから活用したいと考えている人には基本的な知識や運用ノウハウの習得として役立ちます。

業種別にうまく利用しているブログを、
事例として多く紹介されています。

例えばペンション。カレンダー機能を利用して
予約状況を公開しています。

美容室は最新ケアーカタログとして利用。

不動産屋さんは日々新規物件情報を更新。

コンサルタントブログは個別の顧客に提供した知見を公開。

製造業ブログはノウハウの公開により潜在需要が顕在化した事例紹介。

オンラインショップブログはQ&Aの活用で、
見込み客を商品購入へ導く。

次に実際の運用面のヒントを紹介しています。

顧客を呼び込むブログタイトルとは、電車の宙吊り広告や雑誌の目次、新聞の見出しが参考になります。キャッチコピーセンスが必要です。

これは又検索エンジン対策になるとしています。より検索需要のあるキーワードを本文中に織り込む努力も必要です。

コメント機能とトラックバックの利用法。検索解析の方法。
効果検証の繰り返しから最適なブログ作成。
ブログを書き続けるテクニック。

内容はたくさんありますが、高度な運用面では私のような初心者には
理解できない箇所があります。

最終項事例インタビューにありますように、
まずはこの本を読んで実践でしょう。

スポンサーサイト


大前研一著 
先入観を疑う。 無任所中立のネットワーク。 他に無いもの。 
ブロードバンド時代、優良なコンテンツは現在不足している。
中国進出の可否は。 韓国と北朝鮮の分析。 
マスコミを鵜呑みするより現場の声で討論すると解る事。
上記は内容ですが、ビジネスの発想の転換のヒントがたくさん出てきます。

時代はどんどん進化しています。ネットの時代は小が大に勝ちます。
ネットの中ではコンテンツが決めてです。
日本の学校教育、理科、社会と言うのはあくまで知識であって、これからの時代に必要な、発想、構想、あるいは議論するというコミュニケーション能力を教育していない。
今日本の教育は試験にしても初めから答えの有る問題を与え、解く技術のみ教えている。
問題は何処に問題点があるかを探す能力が大事。
日常の中に問題と答えを常に出す、訓練が大事と書いてます。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。