幸せな老後は皆の願い。転ばぬ先の杖の本を探します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代

商品詳細を見る


今同じ給料であっても、そのうちから毎月5%貯金する人と、20%貯金出来る人ではその差は10年、20年では複利で拡大する。

時間活用も同じ。時間の配分により1日の5%自分の為に投資できる時間を持つ人と、1日の20%を自分の為の投資の時間に持つ人では、10年、20年では積み重ねの力は複利で差がつく。

時間配分を見直すこと。無駄な時間。浪費の時間を少なくする。

お人よしは自分の為の時間を犠牲にしてしまう。結果時間の配分はより効率が落ちる。
スポンサーサイト
空腹力 (PHP新書 499)空腹力 (PHP新書 499)
(2007/12/14)
石原 結實

商品詳細を見る


朝昼晩3食きちっと食べる。これは満足に栄養が取れなかった時代に言えること。

むしろ今は肥満、栄養過多時代。

肥満による生活習慣病が問題視されている時代は、断食療法が健康に有効だ。

朝食抜き。にんじん・りんごジュース。ショウガ紅茶の効用。正しいやり方を説いています。

血液の汚れに注意。動物性たんぱく質。運動不足。ストレス。体の冷え。

正しい生活スタイルを実行すれば100歳以上まで健康に生きることが出来ます。


ふるさとコール ロゴ







ドクター塚本の「階段健康法」ドクター塚本の「階段健康法」
(2007/10/19)
塚本 玲三

商品詳細を見る


正しい健康法は読んでいけば、なるほど、いちいち理に適ったものだと納得します。

正しい健康法。エキスだけを列記します。

l 階段上がり下がりを生活習慣にする
l 訓練よりも習慣
l 散歩は脳を活性化する
l 正しい歩き方、階段の上がり方。背筋を伸ばし、胸を張り、肩の力をぬいてリラックスして上がる。少し大股に歩く。
l 散歩は交感神経に体が順応している昼間が最適
l 朝夕10分の屈伸運動
l 通勤時間、仕事中もやり方、考え方で運動できる。
l くびを廻す運動は注意必要。血管を痛める。やるなら意識してゆっくりと。
l 過食と食後のくつろぎの習慣が肥満の一番の原因。食べたら動く習慣を
l 肥満度BMI 体重÷身長×身長 22±10%が正常値
l 急なダイエットは続かない。
l 風呂はぬるま湯。十分な睡眠。
l 腰や足に筋力がついてくると、腰痛や背中のしびれは治る。それには散歩が有効。
l 五十肩は腕立て伏せが有効。ぎっくり腰は日頃の姿勢が大事。正座が有効。
l 肩こりや腰痛は長時間同じ姿勢が原因。体操が有効。
l 長寿は自分のペースの生き方を実践する
l 心の健康を保つ

老化防止5か条
1. 友人との交わり
2. 新しいことを始める
3. 若い人たちから断絶しない
4. 毎日自分を高める努力
5. 体と頭を十分使う

健康法を極めて行くと、正しい生き方の研究となり、人生論と直結します。

ふるさとコール ロゴ








ボケない技術―「もの忘れ外来」の現場からボケない技術―「もの忘れ外来」の現場から
(2007/08)
奥村 歩

商品詳細を見る


最近は記憶力が衰えてきています。
誰でも知っている有名タレントの名が出てこない。
的確な言葉が出てこない。
時刻とか年月日とか数字に弱くなりました。
昔は数学も歴史も得意科目だったのですが。・・・・

認知症の怖いのは病気が進めば、自覚症状もわからなくなる。
まだ認知症を疑っている間は大丈夫ですが・・・・

そこで「ボケない技術」{奥村 歩著}を読みました。

まず、ボケ危険度セルフチェックをやりました。
l 余暇の過ごし方   安全ゾーン
l 食生活       安全ゾーン
l あなたの考え方   安全ゾーン
l 社交性       安全ゾーン
l 持病の有無     安全ゾーン
今のところ全部安全ゾーンでした。・・・・まずはひと安心。

自分で出来る、ボケないための8つの技術が紹介されています。
1. 座禅術
2. プラスアルファー散歩術
3. 読書会術
4. ながらモーツァルト術
5. 赤ワインパーティー術
6. 2種類の旅行術
7. 思考パターン修正術
8. 腹すっきりボケ予防術

認知症の研究からわかってきている事
l 体を動かす人はボケない
l 散歩がボケ予防の王道
l 腹八分目
l 魚は脳にも良い
l オリーブ油と菜種油 熱を通しても変形しない植物油
l 野菜好き
l 地中海ダイエットと和食
l 赤ワインは強い
l 滅入るとボケやすい

名前を忘れる所謂「ど忘れ」は、名前が今出てこないだけで記憶はしているから大丈夫。
単なる物忘れ 良性の物忘れと言うことです。

うつ状態が続くとアルツハイマー病になりやすい。只、うつ病になる原因はその人の気持の持ちようの問題ではなく、脳内の神経伝達物質がうまく働かない状態になっているからであると最近解ってきたようです。早いうちにお医者に相談したほうが良いようです。

ボケは生活習慣病です。日頃から生活習慣病対策を実行し、頭を前向きに活かすことが大事なようです。

「転ばぬ先の杖」詳しくはこの本を読んでください。

ふるさとコール ロゴ







ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


すばらしい本です。

未来から今現在を振りかえれば、江戸末期から明治初期の時代のような大変革の時を生きています。

ウェブ時代をどう生きるか、大きなヒントがあります。

ウェブ時代に生まれる新しい生き方の可能性とはなにか。

志さえ持てば、ウェブは人生のインフラとして個を大いに助けてくれる。
そして現在進行中の多くの志を紹介しています。

大変化の時代、自分の進路の見つけ方とは・・・・・

筆者の経験に基づいた、ロールモデル思考法を紹介。
ウェブ等のなかから自分の進む方向を見つけ、灯台を持つことです。

自分に好きを見つけ、好きなことをやり続けたいという執念によってドライブされた勤勉が大事と解きます。

大変化の時代を生きるヒントとして・・・・・・

大組織と小組織。

レールとけものみち。そして、けものみちを歩む適正とは。

ウェブにおける高速道路と大渋滞。

情報を引っ張り出して活用する力。

結果指向型実力主義の効用と、有事の情報共有。

カサンドラ 炭鉱のカナリア。

読まなければ解らない、今の時代に参考になるヒントがいっぱいです。
今大きなレールに乗っている人も乗っていない人も必読です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。